血糖値を上げない食べ物

食べ物で血糖値を下げる

血糖値を食べ物で下げることができる

最近「仕事が忙しくて疲れが抜けない」「会社の健康診断の結果で血糖値が高いと言われる」ことも多くなってきたのではないでしょうか?40代になると仕事も責任あるポジションでストレスも溜まり暴飲暴食をしてしまいがちです。そのため血糖値が高くなる確率も増えてきます。そもそも血糖値が上がり過ぎると体に悪影響を及ぼすということは何となく分かっていますが具体的にはどうなのでしょう?血糖値のことならこちらのサイトが参考になりました。

初めに、血糖値の事をお話ししますね。血糖値とは?血液の中にあるブドウ糖の割合です。血液中にブドウ糖は皆もっていてインスリンが糖のバランスをとっています。血糖値の数値は、高すぎても低すぎてもいけません。通常は血液1dl中60~80ミリグラムと一定に保たれています。しかしこのバランスが崩れインスリンの働きが悪くなるとブドウ糖が血液の中に残り過ぎてしまうのです。この状態を血糖値が上がるといいます。そのままにしておくと高血圧や糖尿病などの重病を引き起こすリスクが高くなるので要注意なのです。

では、血糖値が高くなってきた方はどのようにすれば血糖値を下げることができるのでしょう?まずは、生活習慣の見直しを考えてみましょう。遅くまで飲むことが多く、昼食はコンビニ弁当やカップラーメンばかりを食べていませんか?血糖値を下げる方法は二つあります。

一つ目は「運動すること」もう一つは「バランスの良い食事を心がけて食べること」です。運動はたまにしているという方もいらっしゃるかもしれませんね。体を動かすことは、いつまでも元気でいるために必要な事です。週に何度かランニングやスイミングなどがおすすめですよ。しかし私もそうですが、「運動をすることが大切だ」とわかっていても、なかなか出来ないものですね。そこで、私は食べ物で血糖値の改善する方法を選びたいと思います。食事は毎日欠かさず行うものなので、正しい習慣がつけば無理なく続けられると思うからです。また、食事を見直すことで血糖値だけに限らず、体にいい食べ物もわかり自分の健康管理に役にたつと思います。運動は、シューズやジャージなどを揃えてから!と構えてしまいがちです。食べ物で血糖値を改善する方法なら用意するものもなく手軽に始めることができるのもいいですね。

食べ物で血糖値を改善する方法として、知っておく必要があるのは、血糖値を下げる食ベ物です。重要なポイントとして食物繊維が多く含まれている食材とミネラルが豊富な食材を選ぶことが大切です。食物繊維は糖を吸収してくれる作用があるので、血糖値をさげる作用があります。具体的にどのような食材が血糖値を下げてくれるのか10品紹介していきましょう。

1.たまねぎ⇒血液をサラサラにしてくれてミネラルが豊富
2.バナナ⇒カリウムを多く含んで血糖値を下げる・食物繊維とミネラルが豊富(注意点として糖分が高いので一日1本まで)
3.オクラ⇒ねばねば成分のムチンやペクチンが糖の吸収を抑えてくれる
4.ごぼう⇒食物繊維の王様と言われるほど食物繊維が豊富
5.ブロッコリー⇒スルフォラファンという成分が血管をガードする酵素を活発に作る。そのため血糖値が下がる、癌や脳卒中予防にも効果的
6.にんにく⇒血栓を作りにくくし、血圧を下げ、コレステロールも抑制・中性脂肪も減少させる万能食材
7.ほうれん草⇒殺菌効果があり、血液を綺麗にする葉酸が豊富
8.きのこ類⇒体の免疫力を高め、インシュリンの働きを促す
9.海藻類⇒水溶性食物繊維が豊富で血糖値を下げる
10.玄米・麦⇒玄米にはクロムと食物繊維が豊富

血糖値を下げる食材10品を紹介しました。食事の際にはこの10品を取り入れるように心がけましょう。また、ちゃんとした運動が出来なくても階段を意識して使用する、普段より早く歩くなどといったプチ運動も生活の中に取り入れることも大切です。

Copyright © 食べ物で血糖値を下げる All rights reserved